ヴィヴィアン・ウエストウッド

ヴィヴィアン・ウエストウッド

高級長財布

前衛的なパンクのスタイルを流行させ、彼女は「パンクの女王」と呼ばれて一世を風靡したヴィヴィアン・ウエストウッドですが、その後、デザインの傾向をパンクスタイルから、19世紀以前のヨーロッパの衣装からインスパイアされたという、エレガントな路線に変更しています。

 

その後、ブランドは分割・展開されていきました。

 

1993年にレディース部門を分割しました。

 

1998年には、「アングロマニア」が発表されています。

 

これは過去のコレクションを復刻したカジュアルラインです。

 

現在のところ、「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールドレーベル」、「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル」、「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」、「アングロマニア」が主なブランドとなっています。

 

日本との関わりでいえば、「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル 」、「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」といったブランドは日本でライセンス生産されているそうです。ブランドショップも全世界的に展開されています。

 

2006年には、デイム (DAME)の称号を授与されています。

 

ファッションデザイナーとしての貢献が評価されてのことです。

 

現在は、元教え子だったアンドレアス・クロンターラーと結婚しているそうです。

 

ちなみに、彼は25歳年下だそうです。

 

とにかく、バイタリティのある女性ですね。

 

こうした彼女の生き方も、ブランドの魅力になっているのでしょう。

 

 
トップページ シリーズ 長財布 二つ折り 小銭入れ 名刺入れ